シネマ座の怪人

映画館に住みたい

映画

『アトミック・ブロンド』劇中挿入歌に感動した話

※この記事は作品の内容に触れています 『アトミック・ブロンド』、派手なスパイアクションかと思いきや、『裏切りのサーカス』など、ル・カレの描くスパイ物語を彷彿とさせる本格的なシナリオ。素晴らしい出来でした。正直、頭を空にして見ようとしていたの…

『ラ・ラ・ランド』が提示する並行世界と我々の現実

注:作品の内容に触れています まったく、恐ろしい作品が出て来たものです。 この作品に何かしら心揺さぶられた方は、おそらく、一度は次のことを考えたでしょう。 「一体、どうなる結末が本当に幸せだったのか?」 ライアン・ゴズリング演じるセブが、劇中…

さらば『ジュラシック・アイランド』君の魅力は忘れない

突然だが、諸君、『ジュラシック・アイランド』という映画をご存知だろうか? 2015年4月に公開されたこの映画。あのハリウッドの某有名恐竜映画の公開が同年7月であるから、一足先に「恐竜ブーム」のビッグウェーブに乗っていたワケだ。 心なしかロゴもそっ…

荒野の8人目になってきた話『マグニフィセント7』塚口マサラ上映

先日、『マグニフィセント7』のマサラ上映に行ってきました。 「マサラ上映」というのは、上映中に声をあげたり、クラッカーを鳴らしたり、紙吹雪を舞いあげたりと、場内にいる他の参加者と一丸となり、大騒ぎしながら映画を楽しむ鑑賞スタイルです。 イベン…

この労災映画が怖い!『バーニング・オーシャン』

怖いもの見たさから「労災映画」だと話題の『バーニング・オーシャン』を見ました。見事に胃が痛くなりました。 大事故が起こるまでの経緯の説明がとても丁寧で、特に「客観的に見てもヤバげ」な状況に対し、危機感覚が麻痺してしまった現場の雰囲気が、淡々…