シネマ座の怪人

映画館に住みたい

『ゴッホ』を見た話

私が初めてゴッホの作品を見たのは、忘れもしない、大学3回生の7月。まだ夏休みに入っていない大学をサボり、あろうことか父と2人でニューヨークに出かけた時のことだ。 ニューヨークはメトロポリタン美術館。そこには沢山の名画が並んでいた。 意外なことに…

映画を1人で観ても楽しめるテクとは? ~独り時間の正しい過ごし方~

多種多様な趣味を貫く人が多い昨今、1人で食事やお茶をするなんて珍しくないし、1人で映画を見たって何ら不思議なことではない。 とはいえ、やはり「ひとりで映画館で映画を見るのはハードルが高い」と思う人が多いのも事実。たしかに、ひとりで映画館に入る…

第60回 グラミー賞「映像音楽」部門ノミネート作

2018年 第60回のグラミー賞ノミネートが発表されました!毎年、受賞作を集めたCDが出るのでそれを聞くのが楽しみなのですが、やはり、映画好きにとって映像部門のノミネートは気になるところ。 映像部門には3部門あります。さて、どの作品がノミネートされた…

『アトミック・ブロンド』劇中挿入歌に感動した話

※この記事は作品の内容に触れています 『アトミック・ブロンド』、派手なスパイアクションかと思いきや、『裏切りのサーカス』など、ル・カレの描くスパイ物語を彷彿とさせる本格的なシナリオ。素晴らしい出来でした。正直、頭を空にして見ようとしていたの…

日本語収録されているイギリス版Blu-ray

日本語字幕が収録されているイギリスのBlu-rayで、気になるものや、おすすめのもの、需要がありそうなものをリストアップしてみました。 本来、イギリスのBlu-rayはリージョンがB。日本や北米はAなので、基本的には再生できません。が、下記はリージョンオー…

倫敦に行く話

突然だが、9月の第3週、ロンドンに行くことにした。キングスマン2のロンドンプレミア会場近くをウロウロしたり、ロケ地巡りをしたり、向こうで映画を見るのが今回の目的である。勿論、他にも見たいところは沢山あるとも。嘘じゃないヨ! 【海外旅行やること…

『ラ・ラ・ランド』が提示する並行世界と我々の現実

注:作品の内容に触れています まったく、恐ろしい作品が出て来たものです。 この作品に何かしら心揺さぶられた方は、おそらく、一度は次のことを考えたでしょう。 「一体、どうなる結末が本当に幸せだったのか?」 ライアン・ゴズリング演じるセブが、劇中…

この映画タイトルは何?省略しすぎてもはや暗号

洋画、洋ドラ界隈で見かける、SWやGotGなどの謎の記号。DKR?WWDITS? 分からない全国の迷えるステイサムの為に説明すると、これは、英語やカタカナのやたらと長い作品タイトルを省略したもの。基本的には日本でも原題の英語タイトルを省略した記号を使いま…

さらば『ジュラシック・アイランド』君の魅力は忘れない

突然だが、諸君、『ジュラシック・アイランド』という映画をご存知だろうか? 2015年4月に公開されたこの映画。あのハリウッドの某有名恐竜映画の公開が同年7月であるから、一足先に「恐竜ブーム」のビッグウェーブに乗っていたワケだ。 心なしかロゴもそっ…

荒野の8人目になってきた話『マグニフィセント7』塚口マサラ上映

先日、『マグニフィセント7』のマサラ上映に行ってきました。 「マサラ上映」というのは、上映中に声をあげたり、クラッカーを鳴らしたり、紙吹雪を舞いあげたりと、場内にいる他の参加者と一丸となり、大騒ぎしながら映画を楽しむ鑑賞スタイルです。 イベン…

この労災映画が怖い!『バーニング・オーシャン』

怖いもの見たさから「労災映画」だと話題の『バーニング・オーシャン』を見ました。見事に胃が痛くなりました。 大事故が起こるまでの経緯の説明がとても丁寧で、特に「客観的に見てもヤバげ」な状況に対し、危機感覚が麻痺してしまった現場の雰囲気が、淡々…

ブログ開設してみました

どうも、シネマ座です。 これまで映画の感想をだらだらツイッターに流してきたものの、いざ読み返そうと思ったら捜索が大変だったのでブログにまとめる試みをしてみようと思います。 よしなに。