シネマ座の怪人

映画館に住みたい

『ゴッホ』を見た話

私が初めてゴッホの作品を見たのは、忘れもしない、大学3回生の7月。まだ夏休みに入っていない大学をサボり、あろうことか父と2人でニューヨークに出かけた時のことだ。

ニューヨークはメトロポリタン美術館
そこには沢山の名画が並んでいた。

意外なことに、父は存外、絵画に詳しかった。いつも私を美術館や博物館へ連れまわすのは、祖母や母の役割で、父と美術館に行った記憶がなかったので、これにはとても驚いた。

クリムト、モネ、マネ、スーラ、ダリ。

歩みを進めると、教科書で見た程度、名前を聞いた程度の作家の作品が次々に現れた。

その中で、ひときわ私の目を引いたのがゴッホ「糸杉のある麦畑」(Wheat Field with Cypresses) だった。

f:id:cinemaza:20171209233021j:image

うねる雲、波打つ麦。ざわざわという杉の音まで聞こえてくるかのようだった。こんな文章を書いてしまうと、陳腐で、いかにも後から作った美談のように思われるかもしれないが、油絵の具の筆の流れが生み出す陰影には、教科書の写真からは感じることのできない、力強さがあった。

それまで父の後ろに付いて、ぶらぶらと館内を歩いていた私だったが、私はその部屋から離れることがとても惜しく感じられた。

作品と私たちの距離はとても近かった。

作品の周りに柵は無く、人々は思い思いに近づいて、眺め、写真を撮り、立ち去った。先ほどの写真も、私が当時、自ら撮った写真だ。

私は次第に悔しくもなって来た。どうして自分はこうも面白く絵を描けなかったのか。私はそつなく淡々と、カンバスに風景を写していただけだった。そこに、作者独自の視線は無かった。「いずれ失われる風景」をわざわざ選んで描いてはいたので、「作者の想い」がまったく無かった訳では無いが、部屋にかけてもつまらない、ぼんやりとした絵が出来上がった。

念のために申し上げるが、見たものをそのまま写す、写実主義が面白くない、と言う話ではない。「自分は自分にあったやり方で、もっと自由に楽しく絵を描いても良かったのではないか」と思うのだ。その、自由で楽しく、という憧れにピタリとハマったのが、ゴッホだったのだ。

それもこれも美術の授業のカリキュラムがどこもかしこも均一的であることの弊害と言う事にしてやろう。成績表のすました5点など投げ捨て、もっとアナーキーに遊んでもよい、と教えてくれる人に出会えなかった事が、本当に残念で、悔しかったのだ。今思うに、美術の授業というのは、まとまった時間で絵画と向き合える、それはもう貴重な時間だったのだ

ゴッホにもっと早くに出会いたかった。

ゴッホゴッホなりにそれはもう色々と、苦労して、苦労して、絵を生み出して来たであろうから、こんな一方的な想いは、向こうにしてみれば「ワシのしったこっちゃ」という話であろうが、私はとにかくゴッホと言う奴が好きになった

 

そう言う訳で、並々ならぬ想いが募っていた事もあり、ゴッホ 最期の手紙には、大変、心を打たれた。

f:id:cinemaza:20171209235610j:image

その絵画による表現手法もさることながら、物語構成がとても素晴らしかった。ある男が、父親の友人であるゴッホの手紙をその宛先に届ける道すがら、彼の死の真相を追う、という形で、飽きのないサスペンス仕立てとなっているのだが、行く先々で得られる証言は、バラバラで辻褄が合わないながらも、彼と生きた人々の「感情」を追体験する事ができ、不思議な事に、自然と彼を偲んでしまうのだ。こちらは彼のことなど、これっぽっちも知らないというのにね。

表現手法に関しても、色々と仕掛けがあって、とても面白いので、そこはあえて語らないでおこう。

 

さて、最後にオマケ話をひとつ。大学をサボってニューヨークに行ったと冒頭で話したが、私はすっかり日付変更線の存在を忘れ、帰国日を1日間違えるというポカをやらかした。となると、大学の授業補佐バイトに出られない。ところが気づいたのは授業が始まる数時間前。もはや、今更、帰り道。アメリカ出国直後に気付き、大慌てするも、時すでに遅し。

 

X君、その節はすまなかった。

映画を1人で観ても楽しめるテクとは? ~独り時間の正しい過ごし方~

多種多様な趣味を貫く人が多い昨今、1人で食事やお茶をするなんて珍しくないし、1人で映画を見たって何ら不思議なことではない。

とはいえ、やはり「ひとりで映画館で映画を見るのはハードルが高い」と思う人が多いのも事実。たしかに、ひとりで映画館に入るのは、最初はとても勇気がいるかもしれません。ただ、そんな事を言っているのも最初のうちだけ。

どうせ映画が始まれば、ツレと話すわけでもなし、1〜2時間ほどは自分の時間を過ごすワケ。

集団で見に来ている人に「あの人1人でかわいそう」と思われるのが嫌?では問おう。貴様は友達と映画を見に行った時、1人で映画を見ている人を見てそう思ったか?思うわけがないのだ。だいたい、他人のことなど誰も見ていないのだ。"映画"を見に来ているのだから。

そうと決まれば1人で映画館に行かない、行けない理由が見つからない。映画に限らず、ただ、1人で外出するのが嫌なだけなのではないか。大丈夫。映画館に1人で行くのに何も怖いことなどない。むしろ1人で家にいて2人組の泥棒がやって来る方が怖い。

 

好きな映画を見よう

f:id:cinemaza:20171129132809j:image

何と言っても1人映画の醍醐味は好きな映画を自由に見られること。「人を誘ったのに面白くなかったらどうしよう」「人との予定が合わないうちに、見たい映画が終わりそう」そんな心配をする必要なく、伸び伸びと好きなものを選ぶことができる!

 

入り時間は自由

f:id:cinemaza:20171129133110j:image

当然だが、劇場内に入る時間に決まりはない。予告が始まってからでもいいし、始まる前でもいい。好きなタイミングでフラッと中に入れるのは1人映画のいいところ。ただ、ギリギリになった時は他のお客さんの迷惑になるので、予告と予告の合間を狙って、そおっと、入ろう。1人行動が目立つのが嫌だと言うなら、割り込みして入る方が目立つことを覚えておこう。退場時もしかり。エンドロールの途中で前を通る人の方が気になるのだ。それでも、できるだけ目立ちたくないという人は、入り口付近の通路側を取って、ササッと出入りするのがスマートかも。

 

遠慮なく見よう

f:id:cinemaza:20171129133442j:image

1人で映画を見るときは、感動して号泣してしまっても、その様子を同行者に見られる心配もない。むしろ、「今泣いたら、こいつ泣いてるわ(笑) って思われちゃうかな」なぁんて、余計な雑念がない分、作品に集中できるのも良いところ。あらゆるものを気にせず、存分に映画を満喫するためにも、素敵におめかしするレディはお化粧直しのアイテムを持って行くといいかもしれないネ。

 

隣の席を空けよう

f:id:cinemaza:20171129141548j:image

これは好みが分かれる点かもしれないが、映画の座席を取る際、席に余裕のある上映回なら、隣を詰めずに、1席空席を作り、両サイドを空けておくのがオススメ。パーソナルスペースを広く確保することで、隣人を気にする必要がなくなり、1人の時間の質を上げることができる。

 

美味しいご飯を食べよう

f:id:cinemaza:20171129142026j:image

これはただ、自分が好きなだけなのだが、予算だとか、席が一杯だとか、そうしたことを気にせず、スッとオシャレなカフェにでも入れるのはお一人様のイイところ。カウンター席、すぐ入れます。1人でゆっくり、ちょっと贅沢な時間を過ごしてみては?

 

まぁ、とにかく、騙されたと思って、一度1人で映画館で映画を見てほしい。筆者が思うに、「1人で映画館に行くのはなぁ」と足踏みするのは、とても、もったいない事なのだ。映画館では沢山の素敵な作品が、毎日上映されている。面白い映画との出会いがそこにはある。その機会を、世間体だとか、外聞だとか、そうしたつまらない理由で、どうか逃さないでほしい。

 

まず、とにかく映画を見なければ、人生を変えるような映画に出会う事も出来ないのだ。

 

ちなみに今、上映中でオススメの作品は『KUBO /クボ 二本の弦の秘密』。きっと、一生忘れることのできない、とても良い体験になると思う。

f:id:cinemaza:20171129140640j:image

 

 

第60回 グラミー賞「映像音楽」部門ノミネート作

2018年 第60回のグラミー賞ノミネートが発表されました!毎年、受賞作を集めたCDが出るのでそれを聞くのが楽しみなのですが、やはり、映画好きにとって映像部門のノミネートは気になるところ。

映像部門には3部門あります。さて、どの作品がノミネートされたでしょうか?

 

MUSIC FOR VISUAL MEDIA


Best Compilation Soundtrack For Visual Media

(サウンドトラック・アルバム賞)

f:id:cinemaza:20171129094042j:image

・Baby Driver『ベイビー・ドライバー

 

f:id:cinemaza:20171129094121j:image 

・Guardians Of The Galaxy Vol. 2: Awesome Mix Vol. 2『ガーディアンズ・オブ・ ギャラクシー:リミックス

 

f:id:cinemaza:20171129094234j:image

・Hidden Figures: The Album『ドリーム』

 

 f:id:cinemaza:20171129094317j:image

・La La Land 『ラ・ラ・ランド

 

 f:id:cinemaza:20171129094350j:image

・Moana: The Songs『モアナと伝説の海』

 

堂々たる5枚が揃いました。どれも今年サントラが欲しくなった作品です。というか、既に手元に揃ってますね。ええ。どれも一枚かけると一日中ご機嫌で過ごせる名盤です。

 

Best Score Soundtrack For Visual Media

(サウンドトラック・アルバム作曲賞)

f:id:cinemaza:20171129094459j:image

• Arrival 『メッセージ』
Jóhann Jóhannsson, composer

 

f:id:cinemaza:20171129094542j:image

Dunkirkダンケルク
Hans Zimmer, composer

 

 f:id:cinemaza:20171129094643j:image

• Game Of Thrones: Season 7 『ゲーム・オブ・スローンズ 第7章』
Ramin Djawadi, composer

 

f:id:cinemaza:20171129094234j:image

• Hidden Figures 『ドリーム』
Benjamin Wallfisch, Pharrell Williams & Hans Zimmer, composers

 

f:id:cinemaza:20171129094317j:image

• La La Land 『ラ・ラ・ランド
Justin Hurwitz, composer

 

入ってきました。『メッセージ』と『ダンケルク』。サントラ未所持で聞き込んでいないので、それぞれの曲を口ずさむことはできませんが、緊迫感のある曲が作品を引き立てていた記憶はしっかりあります。hidden figures はこちらにも入ってきましたね。あの元気の出る力強いスコアはたまりませんからね。納得のノミネーションです。

 

Best Song Written For Visual Media (楽曲賞)

• City Of Stars 『ラ・ラ・ランド』より
Justin Hurwitz, Benj Pasek & Justin Paul, songwriters (Ryan Gosling & Emma Stone)
Track from: La La Land

 

• How Far I'll Go『モアナと伝説の海』より

邦題:「どこまでも」
Lin-Manuel Miranda, songwriter (Auli'i Cravalho)
Track from: Moana: The Songs

 

• I Don't Wanna Live Forever (Fifty Shades Darker) 『フィフティ・シェイズ・ダーカー』より
Jack Antonoff, Sam Dew & Taylor Swift, songwriters (ZAYN & Taylor Swift)
Track from: Fifty Shades Darker

 

• Never Give Up 『LION/ライオン ~25年目のただいま~』より
Sia Furler & Greg Kurstin, songwriters (Sia)
Track from: Lion

 

• Stand Up For Something『マーシャル』より
Common & Diane Warren, songwriters (Andra Day Featuring Common)
Track from: Marshall

 

ラ・ラ・ランド』が入るのはもう分かっているんです。対抗馬はモアナでしょうか?アナ雪ほどキャッチィな歌詞ではありませんでしたが、力強く元気の出る良曲です。LIONも良かったですね。ついエンドロールでうるうるしてしまいました。フィフティシェイズとマーシャルは未見なので、これを機に音楽だけでも聞いてみました。なかなかムードのある曲ですね。女性ボーカルの伸び伸びとした声は好みです。

 

残念ながら、70年代の音楽パレードである『アトミック・ブロンド』や、カジュアルな選曲をしてきた『キングスマン/ゴールデン・サークル』は入ってきませんでした。

 

個人的には今年映画館で見た『ブレードランナー』という作品の音楽が良かったのですが

f:id:cinemaza:20171129103041j:image

流石にノミネートされませんでした。

 

 

『アトミック・ブロンド』劇中挿入歌に感動した話

f:id:cinemaza:20171020080946j:image

※この記事は作品の内容に触れています

アトミック・ブロンド』、派手なスパイアクションかと思いきや、『裏切りのサーカス』など、ル・カレの描くスパイ物語を彷彿とさせる本格的なシナリオ。素晴らしい出来でした。正直、頭を空にして見ようとしていたので不意打ちでしたが、楽しみました。

前置きはその程度に。本題へ。本題は劇中挿入歌に"Under Pressure"はヤバいという話。

Queen - Under Pressure (Official Video) - YouTube

本当に、これをあそこで流すのはかなりヤバいのですが、このヤバさに気づくのは、よほどのロック好きか、吾輩と同じおっさんでしょう。


【1】名曲すぎてヤバい
"Under Pressure"は、Queenデヴィッド・ボウイが組み、生み出した名曲です。もうね、伝説のアーティストが組んでいる、この時点でヤバい。


【2】歌詞が作品に合いすぎてヤバい
さて「抑圧の下で」というタイトルの通り、この歌、壁の歌です。「抑圧の下、ビルは焼け、家族は2つに引き裂かれ、人々が路頭に迷う」「これがラストダンス、これが私たちの姿」… ブロンドは最後に何を思うのか。彼女の本当の姿を考えさせる歌詞にもかかわらず、あの通り見事に明るく爽やかなメロディでヤバい。


【3】東西を超えた曲でヤバい
この曲、1986年7月、冷戦下のハンガリーブダペストQueenが行ったライブでも演奏されました。当時、共産主義であったハンガリーは「鉄のカーテン」の東側。対するQueenは西側を代表するアーティスト。東西を超えたこのライブの実現がいかに奇跡的であったかは、想像に難くありません。壁を崩壊させる一つの時代の流れを生みました。壁が市民の手により壊される3年前のお話です。そんな象徴たる曲を、この作品のあの場面の挿入歌とエンディングにもってくるなんて、とにかくヤバい!

ちなみにQueenのボーカル、フレディ・マーキュリーにとっては、これが最後のツアーとなります。

そういうわけで、『アトミック・ブロンド』は、女スパイがドンパチする派手なスパイアクション映画かと思いきや、冷戦の終結までを舞台にし、スパイ達が抱く不信感や不安、信条や名声欲、無常感までもを描き切った、意外と真面目なスパイ映画で、曲も、単に時代にあった80年代の名曲を特集したのではく、最後はしっかり「時代背景」に相応しい名曲でもって締めくくられていて、これはもう完全にしてやられちゃったナァ、というお話でした。


【オマケ】
劇中挿入歌の一つ、"I Ran"は『ラ・ラ・ランド』でミアちゃんがセブにリクエストした曲でもありますネ。

A Flock Of Seagulls - I Ran (So Far Away) (Atomic Blonde Soundtrack) - YouTube


【オマケ 2】
冒頭、パーシヴァルがベルリンの街を車で案内する際「あそこが検問所」と言ったセリフ。訳は「検問所」でしたが、実際には"That is Check Point Charlie"とハッキリと名称で紹介していました。チェックポイント・チャーリーは、『ブリッジ・オブ・スパイ』でアメリカの青年が解放された場所。 

そう、「その時代」のお話なのです。

日本語収録されているイギリス版Blu-ray

日本語字幕が収録されているイギリスのBlu-rayで、気になるものや、おすすめのもの、需要がありそうなものをリストアップしてみました。

本来、イギリスのBlu-rayはリージョンがB。日本や北米はAなので、基本的には再生できません。が、下記はリージョンオールなどの理由で再生ができるものです。もし旅行などして現地で見かけた場合、いくら円安でも、セールなどになっていればお得になったり、安く無くてもジャケットが英語になるのでカッコ良かったりするのでオススメです。

 

◆日本語字幕有

・ファンタビ3D,UHD (2Dは字幕なし)

・ブリッジオブスパイ

・Going in style(ジーサンズ)

・レゴバットマン 2D

コンサルタント

トリプルX再起動

夜に生きる

トレインスポッティング2

攻殻機動隊 実写2D 3D

・スースク(劇場版のみ字幕有)

・BvS 2D 3D

アイアンジャイアント

インターステラー

・コードネームアンクル

・MMFR 3D

・ゴーンガール

・バードマン

・シャーロックホームズ シャドゲ

・ジャックリーチャー2

12人の怒れる男

・BTTF 30th版
ヒッチコックスターピース(一部字幕無)
・アロー(ドラマ)

 

◆その他

太秦ライムライト *再生可否不明

(解説)日本ではBlu-rayが発売されていません。元々日本の映画なので字幕が無くても問題ないのですが、ただリージョンが合わなければ再生できません。


あと、ドラマ版シャーロックも英国だとお安いのですが、ただこれは日本語がありません…

 

ちなみにDVDは、英国も日本とリージョンが一致していますが、方式がPALとNTSCとで異なるので、テレビで再生できない可能性が高いです。パソコンなら再生できます。

 

ちなみにちなみにこういう情報はクチコミ版やツイッターから集めています。見ると楽しいですよ。ただ、ネットで集めた情報なので間違いあればごめんなさい。

◆参考

2017年下半期→ http://s.kakaku.com/bbs/-/SortID=21010529/

2017年上半期→ http://s.kakaku.com/bbs/-/SortID=20537204/

ツイッターで検索するなら「UK版 日本語字幕」などがオススメ。

 

ブリッジ・オブ・スパイ』欲しいな〜

f:id:cinemaza:20170825231003j:image

倫敦に行く話

突然だが、9月の第3週、ロンドンに行くことにした。キングスマン2のロンドンプレミア会場近くをウロウロしたり、ロケ地巡りをしたり、向こうで映画を見るのが今回の目的である。勿論、他にも見たいところは沢山あるとも。嘘じゃないヨ!

 

【海外旅行やることリスト】

☑︎ パスポートの用意

☑︎ 航空券とホテル

☑︎ コンセントの変換プラグを調達

☑︎ 現地で使える携帯端末の確保

☑︎ 外貨両替

 

最低限旅行に必要なものというのは案外少ない。後は向こうで着る服をスーツケースに適当に詰めるぐらいか。足りないものがあっても現地調達できるので都会旅行は気が楽だ。コンセントの変換プラグは家電屋で400円もしないものでも十分。あとはガイドブック片手に好きに回るだけである。

 

【ポンド/円】

8月初旬:150円程 → 8月中旬:140円程

日本円が安いのでもう少し様子見 (8/19)

手数料込みで£1=151円で両替した。(9/1)

 

【備忘録】

8/18

ODEON (英国のシネコン)で、9/20以降のKM:TGCの座席予約が開始。覚悟の時だ。職場で己の休みを再確認。最大の難関、休暇の確保をクリア。

 

8/19

航空券とホテルを確保。パスポートさえ手元にあれば、旅行前1ヶ月を切っていてもどうにかなるものである。それぞれ独自で取っても良かったが、色々な手続きが手っ取り早いので、今回は「JTB ダイナミックパッケージ」を利用。日数と出発空港と到着国を設定すると、航空便とホテルが幾つか提示されるので、その中から予算や立地条件に会う好きなものを組み合わせ、ネットから予約を取ることができる。旅行開始日31日前ならキャンセル料無料、2週間前でも今回なら3万程度だったので取り敢えず足と宿を押さえた。

ちなみに今回、プラン選択にあたっては、現地での早朝や深夜の行動も想定し、ホテルはアクセスの良い主要路線「ピカデリー線」沿線であること、航空は多少料金が高くても現地滞在時間が長いことを優先させた。

 

8/25

ちょうど、9/16と9/17は「Open House London」というロンドン内のあたこちの建物が一般公開されるイベント日。あれれ、17日は向こうにいるぞ?と言うことで、Wrothan House(ルータムハウス)もこのタイミングで公開されると知っていたので、特攻を決断。

f:id:cinemaza:20170826010743j:image

……予約が必要だが電話予約だ。自動音声に繋がり、必要事項が読み上げられ、ピーという発信音の後にそれらを吹き込むスタイル。

ちなみに国際電話なので、サイトの番号をポチッと押すだけでは繋がらない。頭に国際電話用の番号を追加してかける。

内容は次の通り。

今予約できる時間→吹き込む内容の確認(名前、住所、電話番号、メールアドレス、同行者がいる場合同行者の名前)→聞き取りやすいようゆっくり吹き込んでね→16日じゃなくて17日だから注意してね→発信音の後に希望時間と個人情報を吹き込む→#を押す→吹き込んだ内容確認するなら1 やり直すなら2 確認しなくても良いなら# 押してそのまま待つ。

後日、不備なければメールが送られてくる。

 

ちなみに16日はここのツアーもあるらしい。本来若干観光しづらい所のようだから、タイミングが合えば寄せてもらうのも良いかも。f:id:cinemaza:20170826011841j:image

 

9/1

空港に立ち寄ることがあったので、外貨両替をすませる。空港はいくつかの銀行が入っているので、替えたい貨幣によって何処の銀行が一番安いか見比べると良い。また、何もクーポンを持っていない場合でも、他社と競合している都合上、何かしら割り引いてくれる可能性が高いので、試しに値切ると数銭安くなるだろう。

 

9/14

バッキンガム宮殿のチケットを取る。

https://twitter.com/tkh3d/status/899489938776793088

https://twitter.com/tkh3d/status/907293929787187200

 

事前準備というと、こんなところか。

あとはスーツケースに服を詰めるだけ。9月は既に気温10℃〜20℃と寒いと聞いたので、防寒はしっかり目に。

 

→To be continued?

 

 

『ラ・ラ・ランド』が提示する並行世界と我々の現実

注:作品の内容に触れています

 

まったく、恐ろしい作品が出て来たものです。

 

この作品に何かしら心揺さぶられた方は、おそらく、一度は次のことを考えたでしょう。

 

「一体、どうなる結末が本当に幸せだったのか?」

 

ライアン・ゴズリング演じるセブが、劇中最後の演奏の中に「並行世界」、しかもシナリオが分岐するゲームに例えるならば「Trueエンド」に当たる結末を提示したことで、観客は嫌でもこの疑問を持ち、他の展開まで考えさせられるようになっています。

2人とも夢を叶えるが離れてしまう結末、
夢が叶わなくても2人一緒になる結末、
1人がもう1人を支え片方だけが夢を叶える結末、
2人とも夢破れて別れる結末もありえたでしょう。

映画なのだから、2人とも夢を叶えて、2人一緒に幸せになれば良いのに、という意見もわかります。しかしそれでは、ここまで人の心に爪痕を残しはしなかったでしょう。大円団ではこうした「別のシナリオ」に思いを馳せないからです。その点、トドメのセブのピアノは"上手い"。

私たちもまた、映画を観終わったとき、つまり、夢から覚めた時、ふと、自らの人生を振り返り「別のシナリオ」を思うわけです。

それは恋愛に限らず、時には受験や仕事、家族にまつわる選択であったりもするでしょう。

…ただ、作品の話に戻ると、2人が別れたからと言って、過ごした時間は全くもって無駄ではなく、むしろあの時間があったからこそ互いに夢をつかむ事ができている、という点は見過ごせません。

あらゆる人生経験は、時にそれが失敗であるように見えても、きっと無駄にはならないのです。問題は、戻せない時間や後悔を、どう受け止めて消化するかです。それによって、人は成長もするし、転落もする。

ここまでを踏まえると、この「私たちが見るエンディング」は、やはり「ハッピーエンド寄りのルートの一つ」と言えるでしょう。あるいは"妥協点"と受け取ることもできますが、少なくとも泣きながら掴み合いの喧嘩をしたり、相手の事を恨みに思ってナイフで刺すような事にはならないので、バッドエンドではないでしょう。

 

余談ですが、公開直後、この監督の若さゆえの感覚が敬遠されている風潮も見かけましたが、これはむしろ、監督の感性が若いからこそ作れる映画で、それこそが魅力なのだと思っております。

はっきりいうなら、スピルバーグじいちゃんにはもう『未知との遭遇』は撮れないんですよ。『ジョーズ』や『E.T.』ではなく、『戦火の馬』に『ブリッジ・オブ・スパイ』なんですよ。ダメだと言っているのではありません。その歳でしか作れない作品がそれぞれにあるのだと言いたいのです。

だからこそ、この諸刃の剣のような尖った感性は、今、大切にされるべきで、この映画を作るために沢山の人が動き、こうして日の目を浴びるに至ったという事が、わたしの目にはとても美しく映るのです。

 

※こちらは映画公開直後に書き、privatterにて公開していた文章を修正し、再掲したものです。

written by シネマ座 2017.03.06 edited 2017.08.02